腸内細菌叢と健康

腸内細菌叢とは?

人の腸内には100兆以上の細菌が生息しており、その種類も100500種類、重量にして約1.5kgになると言われています。腸内細菌は主に大腸に生息しており、そのほとんどは酸素を必要としない嫌気性細菌(Anaerobic Organism)と呼ばれる種類のものです。これらの腸内細菌は人が摂取した栄養分の一部を利用して生活しながら腸内において一種の生態系を形成しており、腸内細菌叢もしくは腸内細菌フローラなどと呼ばれています。人間の細胞の数が約60兆であるといわれているので、それをゆうに超える腸内細菌の数の多さが分かると思います。

腸内細菌叢を構成している腸内細菌は細菌同士お互いに共生するとともに、宿主である人とも共生関係にあります。


腸内細菌叢の役割と種類

人の消化器官では分解できない食物繊維を短鎖脂肪酸に分解することによって腸内でのエネルギー源の供給をしたり、ビタミンKB群を合成したり、外部から病原菌がはいってきたときに腸内での増殖を防ぐ感染防御の役割などを担っています。

腸内細菌には様々な種類があり、大きく分けるとビフィズス菌や乳酸桿菌に代表される善玉菌、ウォルシュ菌や大腸菌といった悪玉菌、そして普段はどっちつかずな連鎖球菌などの日和見菌の3種類があります。これらの細菌はそれぞれの領地を増やそうと勢力争いを繰り返しており、普段はその結果として一定のバランスが保たれています。それが老化やストレス、疾病、食生活の変化、抗生物質の使用などによってバランスが崩れると、下痢や便秘になったり免疫力のバランスが崩れ感染にかかりやすくなったり、腸内で有害なガスや毒素が溜まることによって肌荒れや肩こり、頭痛など様々な症状を引き起こす原因となります。腸内環境を整えることは健康であるために非常に重要な要素のひとつであるといえます。


腸内環境を整えるためには?

腸内環境を整えるためにはどうすればよいのでしょうか?悪玉菌の増殖を抑え善玉菌が優勢な環境を作り出すことが重要ですが、そのためには善玉菌が餌とするオリゴ糖食物繊維を摂取すること(Prebiotic)、善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌をそのまま摂取すること(Probiotic)などがあげられます。また食生活を見直し悪玉菌の餌となりうる肉の食べすぎ、砂糖、脂肪分のとりすぎなどに気をつけることも重要です。オリゴ糖が豊富な根菜類を中心とした野菜や果物、味噌や納豆、キムチといった発酵食品、海藻類、きのこ類などは腸内環境を整えるために最適の食材です。

抗生物質を服用中の方や、整腸作用のあるプロバイオティックやプリバイオティックなどのサプリに興味のある方はご気軽にご相談ください。

 

まとめ

● 人の体内には100兆以上の腸内細菌が存在し、腸内細菌叢を形成している。

● 善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分類され勢力争いをしている。

● 食物繊維を分解して腸内にエネルギーを供給している。

● 体内でビタミンKB群を生成している。

● 病原菌からの感染防御の役割をになっている。

● 腸内細菌のバランスが崩れると様々な身体の不調に繋がる。

● プレバイオティック、プロバイオティックのサプリや発酵食品、根菜類などを摂取することで環境を整えることができる。

Comments