Applied Kinesiology

アプライドキネシオロジー(AK)は、人の身体がどのように機能しているかを調べるために、筋力検査を主なフィードバックメカニズムとして取り入れた診断を行います。AKを正しく利用することによって、それぞれの患者さんにとって最良の治療法を探る手助けになります。 AKはその中にその他多くの療法のコアな要素を含んでおり、医療の包括的なアプローチを提供します。

一般的なAKの治療では、筋力検査によって正しく機能していない筋肉を見つけ、そしてその筋肉が正しく機能していない理由を探し出します。そしてドクターはその筋肉を正しく機能させるためにその患者さんにとって最善の治療を探し出します。

利用する療法は、特定の関節のアジャストメント(骨の矯正)、モビリゼーション、様々な筋筋膜療法、頭蓋テクニック、経絡療法、臨床栄養学、栄養管理、様々な反射を利用した治療など様々なアプローチを含んでいます。

https://sites.google.com/site/healthintegrationchirojp/home/services/appliedkinesiology/ak.jpg?attredirects=0
AK では理想的な健康状態を説明するために”Triad of Health”(健康の3要素)- 化学的、精神的、構造的要因 - という概念があります。

健康の3要素は、その底辺に基盤として構造的な健康があり、化学的および精神的健康を表す上辺の2辺を含めた正三角形で構成されています。AKではその正三角形がうまくバランスが取れている状態を理想的な健康状態であると考え、これらの3つの要因のうち1つまたは複数が不均衡な場合には健康上何らかの問題があると考えます。

この3要素は、お互いがお互いに作用するため、問題の根本的な原因をさぐるためにはこの3辺すべてを評価する必要があります。3要素の一方の側の健康上の問題は、他の側面に影響を与えるのです。例えば、化学的な健康の不均衡は、精神症状を引き起こす可能性があります。AKを正しく利用することによって、不均衡のある側、もしくは両側に向かってアプローチを行い、理想的な健康状態のために3要素のバランスを取り戻すことができます。

AKを利用する大きな利点の一つに、運動能力に分かりやすい形でポジティブな影響を与えるということがいえます。持久力が求められる持久系のアスリートから手足の器用さが求められるスポーツまで幅広い能力に影響を及ぼすことができます。

AKの創始者であったDr. George Goodheartは1980年にアメリカで行われたオリンピックで、米国オリンピック医療チームのメンバーに選ばれた初めてのカイロプラクターでした​​。それ以来、世界各国の多くのカイロプラクターがオリンピックの舞台で選手を支えています。AKを使えるドクターは、プロ野球、バスケットボール、サッカー、ホッケー、サッカーチームになど様々なスポーツチームにとって重要な資産であり続けています。

Dr. Koikeは日本人では数少ないICAK認定のアプライドキネシオロジー認定医であり、ロサンゼルスでのセミナーでアシスタントとして他のドクターや学生への指導経験もあります。